手づくり蔵の心づくし     合名会社 立川醤油店
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
Welcome to My Netshop
ようこそ立川醤油店のネットショップへ。
便利で楽しいオンラインショッピングをお楽しみください。

ホーム

img1.gif

新着情報
2013/12/20

2014年1月11日(土)
午前の部 11時〜12時
午後の部 1時30分〜2時30分
入場料 2,500円(お菓子付)
前売りチケット(各定員30名) 
場所 (名)立川醤油店 母家
常陸太田市西二町2177
電話 0294−72−0158
定員になり次第締め切ります。
2013/7/20

歴史の風”を感じて-。大正時代から昭和初期にかけて作られたうちわや扇子の展示会が、20日から常陸太田市西二町の立川醤油(しょうゆ)店(立川久泰代表)で開かれる。同店は江戸時代から続く老舗で、敷地内の蔵に眠っていた約100点を4年ぶりに展示。当時の地元商店などが暑中見舞いのあいさつを兼ね、商品の販促用として配ったものが多く、立川代表(61)は「常陸太田の歴史を感じながら、涼しい気持ちになってもらえれば」と話している。

展示されるのは、主に竹と和紙で作られたうちわや扇子で、大きさや色、形もさまざま。絵柄は当時、同市内にあった呉服店などの商店名、蚊取り線香や薬品などの商品広告、カラフルな幾何学模様のほか、戦時中をほうふつさせる日の丸と鉄かぶとが描かれたものもある。

4年前、蔵の整理をしていた妻の政子さん(59)が、1931(昭和6)年の新聞紙に包まれた大量のうちわ類を見つけた。大半が袋などに包装されていたため、保存状態は良好。

地元に古くから伝わる郷土工芸品「雪村うちわ」や、西山荘が墨で描かれた扇子、岐阜県の長良川鵜(う)飼いの観賞用に使われたとみられる油紙のうちわ、台湾製の芭蕉扇など、貴重な珍品も大切に保管されていた。

政子さんは「昔のうちわは、よくしなる竹で作られているので風当たりが柔らかく、現代のプラスチック製とは違う涼しさが味わえる」と話す。

展示会は8月10日まで。
問い合わせは立川醤油店TEL0294(72)0108。HP: http://www.mangoku-soy.com/

(2013年7月16日(火) 茨城新聞掲載記事より)
2013/3/3
お出迎え

「いらっしゃいませ」
お店の販売品たちが皆様をお迎えしています。
2013/3/3
第5回鯨ヶ丘ひなまつり

今年も築230年の母屋に飾りました。「花」をテーマに昨年とはまた違った趣の展示になりました。
3月1日〜31日まで。
どうぞ皆様でお越しください。
2012/1/5
歴史をたどるしょうゆ差し


平成24年 新年おめでとうございます。
昨年は、東日本大震災で皆様にご心配をいただきましてありがとうございました。
年も新たに、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

立川醤油店オリジナルの醤油差しが出来上がりました。
並べて見ると、これまでの醤油差しの歴史を振り返ることができます。

明治時代(白磁に藍色の絵柄)
大正時代(大正ロマンを感じます)
昭和時代(大量生産時代の雰囲気です)
平成の醤油さし(ロゴマークはサンドブラストです)
\2350 (100ml) \2150(50ml)で販売しています。
おすすめ商品
梅っこしょうゆ −200ml−

梅っこしょうゆ −200ml−
商品番号  U-001
販売価格  490円
つゆ −1リットル−

つゆ −1リットル−
商品番号  T-004
販売価格  1,030円
寿しょうゆ −1リットル−

寿しょうゆ −1リットル−
商品番号  K-005
販売価格  720円
あわ漬けの素 −1リットル−

あわ漬けの素 −1リットル−
商品番号  A-004
販売価格  690円
しっとりせんべい

しっとりせんべい
商品番号  SB-001
販売価格  432円
つけやきせん

つけやきせん
商品番号  SB-004
販売価格  648円
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

 QRコード

ネットショップIN ショッピングモール